服好きの奴ほど服を買い過ぎるのはダサいとそろそろ自覚すべき

ダサいファッション

みんながどう思っているか分からないけど、

・服を必要以上にたくさん持ってる。買いまくってる。って事と、

・服好きで、おしゃれな人。洗練された人。

って事は、もはや今の時代は両立しないし、成り立たないと俺は思っている。

俺も昔は、暇さえあればブランド服を通販してたタイプで、今30歳になってようやく、職業的にも、病気とか収入とかその他もろもろの環境のおかげで、目が覚めたというか、落ち着いたわけだけど、昔はめちゃくちゃ服を買ってた時期があったし、当時それがダサい事だとはみじんも思ってなかった。むしろファッション業界で生きる人間として至極当然な事。自己投資。ぐらいに思ってた。

若い20代の頃って、多感な時期で、とにかくモテたい。 幸せ=女、エロ、金。って、

男って皆そんなぐらいだと思うから、その年代の人に、自分をよく見せる事が出来るかもしれない、を買いすぎるな!厳選しろ!って言っても響かないだろうし、

それって本人にとっても、経済的にも意味のない事なのかもしれない。

 

スポンサーリンク

ファッションYoutuberのげんじくん

さっき、久しぶりにファッション系Youtuberのげんじくんの動画を見た。

ファッションに関する話をYoutube上でするってこと自体はとても今の時代に合ってるやり方で、これによって販売員の役割がある程度代替され、より通販がしやすくなり、リアル店舗や対面販売もそれに代わっていくだろう。だから今後、販売員自体は衰退していくことになるんだろうから、そう考えるとげんじくんの活動自体は先見性があって賛成。

けど、正直に言うと心象としてはげんじくんを何度見てもクソガキにしか見えないし、本人のあまり教養がなさげなしゃべり方を見ても俺にはハマらない。だから、チャンネル登録はしてるんだけど新しい動画が上がっていても特別見ることはない。

でも、人間って面白いもんで、嫌いなタイプの人の活動ってやっぱたまに見たくなるんだよね笑 好きな人はもちろんだけど、嫌いも好きの内なのかもしれなくて、やっぱ注目してるんだよね。

で、今日は気分的に、今後ファッションに自分がどう絡んでいくかを考えたくて、超久しぶりにげんじくんの「2018SS UNIQLO Uのレビュー動画」を見ることにした。それがさっき。

↓この動画ね。

ちなみにその動画を見る前には、関連動画欄に出てた、こちらの誰だか知らない人の動画を見てた。

げんじくんと同じように、ユニクロUの新作をレビューしていた人で、動画はちょっとしか見てないけど、げんじくんと同じく赤の襟付きカーディガンを買ってたね。あと、アイテムを見てかわいいって褒めてるところも一緒だったな。マジでこの風習は何とかならんかな。やめて欲しいわ。男なんだからカッコいいって言えや笑。

チャンネル登録者の数からみても結構有名なYoutuberの方なんでしょう。

で、二人の動画を見て思ったのが本題で、

それは、スタイルがどうこうとかおしゃれだのださいだのって話じゃなかった。(ちゃんとげんじくんに関しては素直に洒落てるなーって思ったよ)

じゃあ俺が感じた違和感は何だったかというと、まず一番に「服買いすぎだろ」って事。

いくら安いユニクロでも番組後半のパンツの量尋常じゃなかったぞ!(げんじくんの動画ね)

もうそれだけ見た時点で商売っ気だけが鼻について、リアリティーを感じなくてダメだったわ。俺も含め、やっぱアパレル業界の毒っ気はその辺にあるだろうね。だから改善していかないといけないね。

紹介している商品が同カテゴリー過ぎる。

普通の人なら、こざっぱり生きてく上でそんな枚数必要ないでしょ?って思ったし、例えレビューする為なんだとしても、もはや今の空気感的にはアウトだわ。紹介されている商品はどれも魅力的だったけどね。

結論、根本的に今の時代はいくら洋服が大好きな人でも、おしゃれに人一倍執着しているとしても、

服を買いまくって、パンツをワンシーズンに何十本も所持しているようじゃ話にならないって事。

ミニマリストってワードが長らく流行ってるけど、アップルだって洗練されてる事が最も支持されてるでしょ?だからおしゃれなイメージを保てるわけ。

デザインの肝は引き算だ。って事に大衆も気付きだしたわけ。

だから事実としてアップルがトップになれた。それが今の時代っぽいおしゃれ感だと。アパレルの人も本質に気づかないとだめでしょ。本質は引き算なんだよ。

意識しなくとももう日本人は何となくみんな気がついてる。その現われがまさにミニマリストブーム。だから極力必要なものしか持たない、買わないって人が増えるわけ。

時代の先端を自負したり、おしゃれを売りにする洋服業界が、未だに服を数で見てる。これは致命的にダサいわ。

こんな当たり前のことに、広報の役を担っているインフルエンサーたちですらマジで気づいてない気がするんだよね。。このままイケるだろうって。本気で思ってる気がするよ。そんなの絶対無理よ。

俺も本気で必要とされるものを広めていけるように考え方を改めようと思います。